アフターピルの種類

茶色い瓶と白い錠剤

女性が服用する避妊薬として、低用量ピルとアフターピルの2種類があるということを説明したかと思います。
実はアフターピルもさらに2種類に分けることができるのです。
ノルレボとプラノバールがそれになります。
どちらも性行為後に服用することで妊娠を防いでくれるアフターピルなのですが、服用方法と副作用に関して違いが見られます。
アフターピルを購入する際は、それぞれの違いをしっかり把握したうえで自分に適していると思う方を購入するようにしましょう。

ノルレボは日本でも正式に認可が下りていることから、医療機関からも処方されることの多いアフターピルとなっています。
アフターピルは性行為をおこなってから、72時間以内に服用することでその効果を発揮します。
ノルレボは72時間以内に2錠服用することで避妊効果を発揮します。
プラノバールも同じアフターピルですので、72時間以内に服用することは同じです。
しかし、こちらの場合は2錠の服用を2回おこなう必要があります。
これにより飲み忘れの危険もありますので注意しましょう。
プラノバールの方が低価格で購入することができるのですが、服用方法が異なってきます。
また、副作用に関してもノルレボの方が発症しにくいという特徴を持っています。

どちらを購入・服用するにしても、高い避妊効果を持っていますが確実ではなく、副作用に関しても絶対出ないというわけではありません。
ですので、アフターピルはあくまでも緊急時にのみ服用するようにし、最初からアフターピルに頼って性行為をするのはやめておきましょう。