アフターピルの副作用

面白くて笑っている

避妊薬として有名なピルには2種類あります。
性行為前に服用することで効果を発揮する低用量ピルと、性行為後に服用することで効果を発揮するアフターピルです。
アフターピルは事後の服用でも避妊効果を発揮することから、意図していない妊娠でも防ぐことができる便利なものとなっています。
アフターピルを常備しておけば、いつそういったことが起こってもすぐに対処することができるのです。
しかし、その分低用量ピルに比べて強力であり、副作用が出やすいという一面も持っていることも忘れてはいけません。

アフターピルを服用することで生じる可能性がある副作用はさまざまです。
吐き気をはじめとして、頭痛やめまいなどが挙げられますので、服用前にどんな症状があるのか確認しておきましょう。
こうした副作用は一般的に1日程度で治まるケースが多いですが、もし長く続くようであれば医師に相談してみましょう。
また、副作用のひとつとして吐き気を紹介しましたが、実際に嘔吐してしまう方もいらっしゃいます。
アフターピルが充分に体内に吸収される前の早い段階で嘔吐してしまうと、避妊薬としての効果を発揮してくれない可能性もあります。
そのため、不安な方はアフターピルと同時に、酔い止め薬のような吐き気を抑える医薬品を服用するといいでしょう。
もし嘔吐してしまっても、独自の判断であらためてアフターピルを服用し直すということはせずに、医師に相談するようにしましょう。